SIMフリースマホ

高性能SIMフリースマホ+格安SIMで快適にスマホ料金を節約

スマホ料金の節約方法として、一番最初に思い浮かべるのは格安スマホでしょう。

しかし、格安スマホの場合、スマホの性能が低いため使ってみたらイライラするかもしれないという不安もあります。

そんな人におすすめしたいのが、高性能SIMフリースマホ+格安SIMを使ったスマホ料金の節約です。

このページでは、この方法を詳しく解説しているので、興味のある方はご覧ください。

この方法の簡単な説明

まずは、「高性能SIMフリースマホ+格安SIMを使ったスマホ料金の節約」を簡単にまとめてみます。

やることは大きく分けて3つです。

  1. 高性能SIMフリースマホの購入
  2. 格安SIM会社と契約
  3. 高性能SIMフリースマホに格安SIMカードを入れる

これだけで、スマホ料金が月々約1200円になります。

現在のスマホ料金と比べてどうでしょうか?かなり安くなっていると思います。

それでは、詳しい内容を説明していきます。

高性能SIMフリースマホの購入

まず、高性能SIMフリースマホを購入します。

格安SIMを使うためには、SIMフリースマホが必要になります。

SIMフリースマホとはau、docomo、ソフトバンク以外で販売されているスマホになります。

この3社以外でどこでスマホを購入するかというと「インターネット通販」です。

海外では一般的なSIMフリースマホですが、日本ではまだまだ一般的ではないので、基本的にインターネット通販で購入します。

一部の家電量販店ではSIMフリースマホコーナーがあるようですが、品ぞろえが微妙です。

SIMフリースマホは以下の店舗で購入可能です。

SIMフリースマホ販売店「EXPANSYS」 AmazonのSIMフリースマホ
楽天のSIMフリースマホ一覧

 

SIMフリースマホには、格安スマホから高価なスマホまでいろいろなラインナップがあります。

日本でおなじみの、IphoneやXperia、GALAXYなども販売されているので、高性能なSIMフリースマホを購入したい場合は、この3機種の最新版を選択すれば間違いないでしょう。

また、日本では有名でなくても高性能なスマホはあります。

しかも、価格も性能の割には安いです。たとえば、Huawei Ascend Mate7などがあります。

格安SIMが使えるSIMフリースマホ!格安スマホからハイスペックまで一挙紹介!でいろいろなスマホを紹介しているので参考にしてみてください。

格安SIM会社と契約

SIMフリースマホを購入したら、次に格安SIM会社と契約をします。

これは、格安SIM会社からSIMカードを購入するということです。

SIMカードとは、スマホの中に入っている小さいカードで、この中に月額のプラン内容や個人の電話番号が保存されています。

格安SIM会社で安いプランで契約したSIMカードを購入し、SIMフリースマホに入れて使用します。

格安SIM会社はたくさん存在しますが、[DMM mobile]が最安です。

回線自体はほとんどの格安SIM会社がDocomoの回線を使用しているので、つながりやすさなどに違いはありません。

サービスなどに多少の違いはありますが、一番安い[DMM mobile]を使用することをお勧めします。

[DMM mobile]の契約方法は以下のページで詳しく紹介しています。

[世界一わかりやすい格安SIM「DMM mobile」の契約方法]

高性能SIMフリースマホに格安SIMカードを入れる

格安SIM会社との契約が終わると数日でSIMカードが送付されてきます。

そのSIMカードをSIMフリースマホに入れれば準備完了です。

スマホの電源を入れて、通信を行うための設定をしてやれば、普通に使えます。

設定は誰でもできるような簡単なもので5分くらいでできます。

詳しくは[DMM mobile]のホームページに記載されています。

これだけで、月々のスマホ料金が約1200円になります。

年間にすれば、かなりの節約効果があるでしょう。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

よく読まれている記事

コメントを残す

*