世界一わかりやすい格安SIM「DMM mobile」の使い方

格安SIMを使うためのSIMフリースマホの購入方法

格安SIM「DMM mobile」を使うことができるスマホは2種類に分類することができます。

一つは「docomoのスマホ」、もう一つは「SIMフリースマホ」です。

今回はこれらのスマホの購入方法について解説していきます。

SIMフリースマホの購入方法

SIMフリースマホとは簡単に説明するとキャリア(au、docomo、ソフトバンク)が販売している以外のスマホです。

キャリアは製造メーカーからスマホを仕入れて、そのスマホにSIMカードを入れて販売しています。

SIMカードとは小さなICチップのようなもので電話番号などの情報が保存されています。

そしてSIMカードを入れる際に、自分の会社のSIMカード以外使えないように「SIMロック」をかけます。

そのため、キャリアで購入したスマホにはSIMロックがかけられており格安SIM会社のSIMカードが使えないようになっています。

SIMフリーの仕組み1

格安SIM会社のSIMカードを使うためにはSIMロックがかけられていないSIMフリーのスマホが必要になります。

つまり、キャリア以外からスマホを買えばいいのです。

それでは、キャリア以外からスマホを買うとなるとどこで買えばいいのでしょうか。

それは「インターネット」です。

インターネットのお店ではSIMフリースマホが販売されています。

例えば、SonyのXperiaシリーズもSIMフリー版がインターネット上で販売されています。

というのも、日本以外の国ではSIMフリースマホを購入することが一般的だからです。

そのため、Sonyも海外向けにSIMフリースマホを販売しています。

ちなみに型番が違うだけで海外版も日本版も中身はほぼ同じです。

注意点として、日本独自のサービスであるおサイフケータイは使えません。

日本で実際の店舗で販売されている唯一のスマホがIphoneです。

Iphone5sから日本のApple storeでSIMフリー版Iphoneが販売されるようになりました。

しかし、理由はわかりませんが、現在は2014年12月ごろから販売中止になっています。

SIMフリー版のIphoneは現在インターネットの店舗なら購入できます。

SIMフリーの仕組み2

SIMフリースマホが購入できる店舗

それでは、実際にSIMフリースマホを購入することができる店舗を紹介していきます。

まず一つ目はEXPANSYS]です。

SIMフリースマホを購入する人の間ではかなりメジャーな店舗です。

品数も豊富で日本語対応しています。

次に「1Shopmobile」です。

このお店も結構メジャーですが、EXPANSYSと比べると少し手続きが難しいです。

というのはホームページが基本英語だからです。

でも最近日本語のオンラインサポートができたみたいです。

最後におそらく一番使いやすい「Amazon/楽天」です。

Amazonや楽天でもSIMフリースマホは販売されています。

手続きなども普通のAmazon/楽天の買い物と同じなので一番簡単でしょう。

ただし、上記の2店舗と比べると価格が数千円高いです。

少しくらい高くてもいいという人はAmazon/楽天を利用するといいでしょう。

AmazonのSIMフリースマホ一覧

楽天のSIMフリースマホ一覧

格安SIMDMM mobileが使えるSIMフリースマホおすすめランキング

世界一わかりやすい格安SIM「DMM mobile」の契約方法

docomoのスマホ

SIMフリースマホ以外で格安SIM「DMM mobile」が使えるスマホが「docomoのスマホ」です。

上記のSIMフリースマホのところで説明したようにdocomoのスマホにもSIMロックがかかっています。

それではなぜdocomoのスマホでDMM mobileのSIMカードが使えるのでしょうか。

それはDMM mobileがdocomoの回線を使っているからです。

実際にDMM mobileから届くSIMカードにはdocomoのロゴが入っています。

dmm-mobile-600x401

docomoのスマホにはdocomoのSIMカード以外使えないようにSIMロックがかけられていますが、DMM mobileのSIMカードはdocomoと同じなので使えるんです。

そのため、現在docomoのスマホを使用している人はスマホを買い替えずに、DMMmobileが利用できます。

docomoのスマホを購入する方法は、

「docomoの店舗で購入する」

または

「中古携帯ショップやインターネット店舗で購入する」

といった方法があります。

Amazonや楽天でも「docomo 白ロム」などで検索すると出てきます。

Amazon 検索結果「docomo 白ロム」

楽天 検索結果「docomo 白ロム」

ここで白ロムとはなにかというと、ちゃんとしたスマホで格安SIMが利用できるスマホを意味します。

白ロム以外に赤ロムというものがあり、これはスマホを購入した人が本体代金を支払う前に売却したものです。

そのため、電話などができないようになっています。(なんかいろいろいじれば使えるらしいですが)

なので、docomoのスマホをインターンネットで買う場合は「白ロム」を買うようにしましょう。



よく読まれている記事