世界一わかりやすい格安SIM「DMM mobile」の使い方

スマホ代節約のために知っておきたい格安スマホと格安SIMの違い

スマホの利用料金を節約したいと思っている人は聞いたことがあるであろう言葉「格安スマホ」「格安SIM」

しかし、実際に格安スマホと格安SIMの違いが分かっている人はあまりいません。

このページではこの2つの言葉の違いを簡単に説明しています。

この2つの言葉の違いが理解できれば、スマホ代の節約に大いに役立つので読んでみてください。

格安スマホと格安SIMの違い

この2つの言葉の違いは簡単です。

格安スマホ=格安なスマホ本体

格安SIM=スマホの利用料金が格安なSIMカード

です。

ここで「SIMカードって何?」という疑問がある人も多いと思います。

SIMカードとは

SIMカード

SIMカードはスマホの中に入っている小さなカードです。

SIMカードの中には個人の電話番号や契約プランなどの情報が保存されています。

大手携帯会社(au、docomo、ソフトバンク)でスマホを契約するときは、携帯会社がSIMカードにプラン内容などをインプットして、それをスマホに入れて私たちに渡しています。

そのため、これまで私たちはSIMカードを目にすることはありませんでした。

このSIMカード、実は私たちでも簡単に取り出すことができます。

機種によって取り出し方は違いますが、インターネットで調べればすぐにわかります。

Iphoneの場合は、スマホ側面の小さな穴に何か棒状のものを差し込んで、強く押すとSIMカードが出てきます。

SIMカード取り出し

格安スマホとは

格安スマホについても少し説明しておきます。

格安スマホは読んで字のごとく格安なスマホです。

スマホは技術の進歩とともにかなり高性能になってきました。

しかし、スマホ本体の料金も高くなっていました。

そんなときに登場したのが格安スマホです。

性能は最新スマホに劣りますが、価格が安い!それが格安スマホです。

性能が低いといっても、スマホでゲームアプリなどをあまり使わないという人には十分な性能です。

格安SIMを使えるのは格安スマホだけじゃない

ここで知っておいてほしいことが、格安SIMを使えるのが、格安スマホだけではないということです。

格安SIMを使えるスマホはSIMフリースマホというものです。

SIMフリースマホを簡単に説明すると、大手携帯会社(au、docomo、ソフトバンク)以外が販売しているスマホがSIMフリースマホです。

日本では大手携帯会社(au、docomo、ソフトバンク)以外が販売しているスマホなんてほとんど見たことないと思います。

それは、SIMフリースマホのほとんどはインターネット通販のみの販売となっているからです。

SIMフリースマホには、Iphone6やXperia Z3、GALAXY S6などの有名メーカの最新モデルもあります。

まとめ

おそらく「格安SIM」と「格安スマホ」の違いがよくわかっていなかった人は、格安SIMも格安スマホも「性能は悪いけど、安く使えるスマホ」だと思っていたでしょう。

しかし、実際は違います。

「格安SIM」とは格安な料金プランで利用できるSIMカード(月額約1200円など)
「格安スマホ」とは性能の低い格安なスマホ本体

です。

つまり、利用者は以下のような選択ができるということです。

①格安スマホ+格安SIM

性能の低いスマホを格安な月額料金プランで利用する

(格安スマホ本体代金+月額1000円~2000円)

 

②高性能SIMフリースマホ+格安SIM

最新の高性能スマホを格安な月額料金プランで利用する

(高性能スマホ本体代金+月額1000円~2000円)

 

③高性能SIMロックスマホ+大手携帯会社SIM

最新の高性能スマホを割高な月額料金プランで利用する

(高性能スマホ本体代金+月額7000円~10000円)

おそらく、このページを読んでいるほとんどの人は③に当てはまるでしょう。

そして、①はいやだという理由から、格安SIMへの乗り換えをしていなかったのではないでしょうか?

このページを最後まで読んだあなたなら②のプランがあることも理解できたと思います。

このサイトでは、②のプランを実行するために役立つ情報がいろいろと掲載されていますので、ぜひほかのページも読んでみてください。

参考ページ:格安SIM「DMM mobile」を使うための順序

よく読まれている記事

コメントを残す

*