世界一わかりやすい格安SIM「DMM mobile」の使い方

格安スマホで通信費の節約を考えている人が知っておくべきこと

徐々に浸透しつつある格安スマホ。

通信費節約のために格安スマホにしようと思っている人も多いと思います。

それではみなさんはどれくらい格安スマホを理解しているでしょうか。

今回は格安スマホに乗り換える前に知っておきたいことを紹介します。

格安スマホとは!?

まずは格安スマホとはなんなのかについて紹介します。

おそらくみなさんが頭の中でイメージしている格安スマホは「格安スマホ+格安SIM」です。

SIMカード1

ここでいう格安スマホは中国メーカーなどが販売している安いスマホ本体です。

そして格安SIMとは格安スマホの中に入っているICチップのようなものです。

この格安SIMの中には電話番号などの情報が保存されています。この格安SIMは自由に入れ替えることが可能です。

格安スマホとして有名なのはイオンスマホ等だと思います。

イオンスマホの中にもSIMと呼ばれるものが入っています。

ここで知っておいてほしいことは、私たちが支払っているスマホの料金はスマホ本体の利用料金ではなく、SIMカードの利用料金だということです。

つまり、イオンスマホに入っているSIMカードを取り出して、ほかの端末(たとえばIphone6)にいれることで、イオンスマホと同じ使用料金でIphone6をつかうことができるということです。

 

格安SIM会社という存在

格安スマホに関しては理解していただけたでしょうか?

上で説明したように私たちが支払っているのはSIMカードの利用料です。

つまり、契約しているのはSIMカードのみでスマホ本体は何を使おうと自由です。

ということで、SIMカードのみを提供してくれる格安SIM会社が存在します。

というか、イオンスマホやOCNモバイルワンなども格安SIM会社です。

格安SIM会社のSIMカードは月額1600円等でつかえて、非常に安いです。

スマホ本体を自分で用意して格安SIM会社で契約したSIMカードを入れて利用することで、月々のスマホ代をかなり節約できます。

格安SIMが使えるスマホはSIMフリースマホ

ここで一つ注意したいのがキャリア(au、docomo、ソフトバンク)で購入したスマホにはSIMロックがかけられているということです。

このSIMロックがかけられたスマホでは格安SIMが使えないようになっています。

SIMフリーの仕組み1

そのため、キャリア(au、docomo、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える場合は自分で格安SIMの使えるスマホを用意する必要があります。

格安SIMが使えるスマホはSIMロックがかかっていないスマホで、いわゆるSIMフリースマホというやつです。

SIMフリースマホはキャリア(au、docomo、ソフトバンク)から販売されているスマホではなく、製造メーカー(Sonyやapple)から直接販売されているスマホです。

 

SIMフリースマホはどこで買える!?

それではSIMフリースマホはどこで買えるのでしょうか?

それはインターネット通販です。一部の店舗でも販売していますが、基本的にはインターネット通販です。

SIMフリースマホを購入可能な店舗はこちらで紹介しています。

SIMフリーの仕組み2

SIMフリーのスマホの種類

SIMフリースマホには様々な種類があります。

海外でしか販売されていないような格安スマホから国内でも有名なハイスペックスマホまで用意されています。

国内の有名どころだと、「Iphoneシリーズ」「Xperia Zシリーズ」「Nexusシリーズ」などもSIMフリー版が販売されています。

つまり、格安SIMを使えば最新スマホ(Iphone6やXperia Z3)も月額1600円で使えるということです。

格安スマホで節約を考えているけど、格安スマホは性能が低そうだからいやだとか思っている人もいるかもしれませんが、最新のハイスペックスマホでも格安で使えます。

と、いうことを知っておいてほしいです。

⇒Iphone6を月々1300円で使える格安SIM「DMM mobile」の契約方法はこちら

⇒SIMフリースマホの購入方法と購入先の詳細はこちら

よく読まれている記事

コメントを残す

*