格安SIM「DMM mobile」の通信料金節約効果

共働き夫婦の家計の固定費を1万円以上節約する方法

共働き夫婦にとって、家計の固定費を節約することはとても大切で、難しいです。

固定費というのは、家賃や保険代などのように一定額で変わらない支出のことです。

この変わらない支出を減らすのは難しいです。

たとえば、家賃なんて簡単に減らすことはできません。引越しするか、大家さんに交渉しなければいけません。

そんな固定費の中で、比較的簡単に減らすことができる項目があります。それがスマホ料金です。

少しの手続きをするだけで、毎月の夫婦2台のスマホ料金合計を3000円以下にできます。

今回はその方法を紹介します。

現在のスマホ料金について

まずは、現在のスマホ料金について確認をしましょう。

スマホをau、docomo、ソフトバンクのいずれかで契約している人は節約可能!

au、docomo、ソフトバンクのいずれかで契約している人はスマホ2台の利用料金は安くても10000円以上になります。

そんなことはない!という人もいるでしょう。

しかし、それは現在様々な割引が付いているからです。しかし、その割引は基本的に契約してから2年でなくなるはずです。

そうなると、夫婦のスマホ2台で1万円以上の利用料金となります。

2年経過後も、割引を受けるためには機種変更が必要です。

新しいスマホを購入することで、新たに2年間割引を受けることができます。

これがau、docomo、ソフトバンクの割引の仕組みです。

お得なようにも見えますが、2年ごとにスマホを買い替えるのはもったいないです。

最近ではスマホの性能も高くなっているので、2年間使った後でも全然使えます。

ほとんどの人はスマホの料金プランと割引内容が複雑すぎて理解できていないと思います。

このページで紹介している手続きを実行すれば、自分のスマホの契約内容がとてもシンプルになり、安くなります。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

スマホを格安SIM、格安スマホで契約している人はこれ以上の節約は無理!

格安SIM、格安スマホを利用している人はこれ以上安くするのは無理です。

なぜなら、このページで紹介している手続きというのが格安SIM、格安スマホに乗り
換えるということだからです。

具体的な方法

それでは具体的な方法を説明していきます。

その方法とは、簡単にいうと「格安SIM、格安スマホ」に乗り換えることです。

「格安」という響きから、性能が悪いと思う人もいると思いますが、実際はそうではありません。

「電波の接続エリア」「スマホの性能」どちらもau、docomo、ソフトバンクと変わりません。

スマホの種類に関して言えば「格安SIM、格安スマホ」の方が断然多いです。

世間で一般的に言われている「格安SIM、格安スマホ」とは契約プランが安い携帯会社のことで、これらの会社はプランのみ(SIMカードのみ)を提供しています。

スマホはインターネット通販で購入可能なSIMフリースマホと呼ばれるものの中から自分で購入することになります。

SIMフリースマホには、IphoneやXperiaなどの高性能スマホから、日本ではあまり知られていない海外製のスマホまであります。

詳しくはこちら

つまり、共働き夫婦の家計の固定費を1万円以上節約する方法とは

「SIMフリースマホをインターネット通販で購入し、格安SIM会社の格安プランで利用すること」です。

このことを実行すれば、夫婦の月々のスマホ代は3000円以下になります。(※契約プランによる)

少し高い契約プランを選んだとしても確実に、au、docomo、ソフトバンクよりは安くなります。

さらに、2年契約などもないので、いつでも自分が好きな時に乗り換えたり、機種変更したりできます。

契約プランもわかりやすくシンプルです。

格安SIM・格安スマホ会社のなかで一番安いプランの会社はDMMモバイル です。

このサイトではDMM mobileの契約方法からプラン内容口コミまで様々な情報を掲載しています。

ぜひ、参考にして家計の固定費節約に役立ててください。

よく読まれている記事

コメントを残す

*