格安SIM「DMM mobile」の通信料金節約効果

格安SIMに乗り換えればスマホ1台あたり年間6万円の節約になる話

ガラケーからスマホに変わって、使用料金も大幅に変化した人が多いのではないでしょうか?

ガラケーの平均利用料金が1カ月3000~4000円だったのに対して、スマホの場合1カ月8000~10000円となっています。

携帯会社(au、docomo、ソフトバンク)は各社オリジナルの料金プランを提案しているように見えますが、実際はプランの名前が違うだけで料金は同じです。

おそらく3社の間でなにか約束事があるのでしょう。そのため、1社だけ値下げなどはできないのだと思います。

これに対して、最近新たに出現した格安SIM会社は会社間の料金争いが活発です。

ある1社が値下げをすると、他社も値下げをするといったことが1年以上続いています。

その結果、格安SIM会社の利用料金は大手携帯会社よりもかなり安くなりました。

今では、格安SIM会社を利用すればスマホを月額約1200円で利用することができます。

この1200円に含まれているのはインターネット代金のみです。電話を利用した場合は30秒20円の追加になります。

しかし、現在では、電話番号を利用した通話はほとんどしないという人が多いのではないでしょうか?

なぜなら、LINEなどのアプリで無料通話が使えるからです。

大手携帯会社と格安SIM会社ではどれくらい料金が違うか

それでは実際の料金がどれくらい違うか見てみましょう。

比較する料金プランは以下のものとします。

大手携帯会社:通信容量が最も小さい2GBのプラン=約7000円(各種割引とオプションは無しの場合)

格安SIM会社:格安SIM会社の中でも最安の[DMM mobile]の通信容量2GBと通話付のプラン=1460円

単純に料金を比較すると1カ月あたり5540円の違いがあります。

これが1年間続くと6万6480円になります。

さらに、大手携帯会社の場合、基本的に2年縛りが発生します。

それを考慮して2年間の差額を計算すると13万2960円になります。スマホ1台でこれだけ違います。

これだけあれば、かなり豪華な旅行ができます。

初期費用

ここまでの話だけだと、格安SIMを利用しない理由は見当たりません。

しかし、大手携帯会社の方が安い料金が一つだけあります。それは初期費用です。

格安SIM会社を利用する場合、基本的にスマホは自分で用意する必要があります。

そのため、初期費用がどうしても多くなってしまいます。

それに対して大手携帯会社の場合、スマホを分割で購入可能なので初期費用は安く済みます。

といっても、分割になるだけで、料金を支払うことに変わりはありません。

要は、格安SIM会社はスマホを分割購入できないが、大手携帯会社は分割購入できるというだけの違いです。

これが大手携帯会社の唯一の優位点ではないでしょうか。

ちなみに格安SIM会社を利用できるスマホはSIMフリースマホと呼ばれるものです。

SIMフリースマホ詳細はこちらのページで解説しています。

最新のIphone6やXperia Z3、GALAXY S6などもSIMフリースマホがあります。

このサイトでは格安SIMの中で最安の[DMM mobile]について紹介していますので、気になる方は他のページもチェックしてみてください。

参考ページ:格安SIM「DMM mobile」を使うための順序

よく読まれている記事

コメントを残す

*